810医療保険比較ポイント

医療保険選び・比較のポイント

医療保険選びのポイント


▼終身タイプと定期タイプ(更新タイプ)
終身タイプ・・・一生涯掛け金が変わらず、生涯保障が続くタイプ
定期タイプ・・・満期が来ると、その時点の年齢による保険料で更新するタイプ
この違いは、掛け金にも現れる。つまり終身タイプの方が高い。
最近の人気の医療保険は、終身タイプ。


▼掛け捨てか、貯蓄性を持たせるか
掛け捨ては保険料が安くつきます。
最近の人気の医療保険は、安い掛け捨て保険。
当サイトでご紹介している保険は掛け捨てタイプの医療保険です。


▼入院後何日目から給付金が受け取れる?
最近の入院保険は、日帰り入院から給付される医療保険が多くなっています。
その他、一泊二日の入院、入院の5日目から給付というものまでさまざま。
最近の人気の医療保険は、日帰り入院から保障するタイプ。


▼1入院保障日額
この保険安いと思っても、1入院の限度日額に違いがある場合があります。
最近の医療技術は進歩しているので、入院期間も短期化する傾向にありますが、三大成人病に備えた医療保険をという場合は、その点にもご注意を。
最近の医療保険の主流は、60日~。


▼無事故ボーナス
保険会社が定めた期間に給付金を請求しなかった場合に、健康祝い金や健康ボーナスなどとよばれる「ボーナス」が支払われる医療保険があります。
掛け捨てがイヤ!という方にはこれも医療保険選びのひとつの目安。



医療保険を保険期間で比較

医療保険の保険期間とは、保険が満了するまでの期間のことをいい、定期タイプと終身タイプの2つがあります。

定期タイプは字のごとく、保険の保障期間をある一定期間に限定した保険契約で、契約が終了すると更新する必要があります。一方の終身型は、生涯保険期間が途切れない、終身の保険契約のことをいいます。

終身タイプ
定期タイプ
保険料
契約時の年齢で保険料が決まる
→保険料は一定
更新の都度保険料が変更
→保険料が上がる
メリット
保険が途切れず安心必要に応じ契約できる
デメリット
保険料を生涯払う更新が必要

終身タイプは、契約時の保険料は保険加入時の年齢で決まるので保険料は上がりませんが、定期タイプは更新時に保険料が高くなります。保険期間で医療保険を選ぶ場合、終身タイプが一般的で、最近は終身タイプで解約返戻金がない、もしくはそれが低く設定されたタイプで割安なものが人気となっています。

あなたはどちらのタイプ?
・保険期間が途切れない安心がほしい方
→終身タイプ
・現時点で貯蓄が少なく、長期入院という事態になったら不安という方
→定期タイプ